« 原発事故とお茶問題・・・・ | トップページ | 耳なしウサギについて・・・ »

雨が降る時は、放射能が高くなる・・・・

昨日(5月27日)、掛川市役所大東支所(旧大東町役場)にある

放射能のモニタリング報告ネットを見た。

放射能検知の状況を刻々と伝えている。

昨日(5月27日)の小雨の中の数値・・・

雨が降ったときだけ、数値が上がる。

空気中にある福島原発から放出された放射性物質が、

雨が降ると地上に届くようだ。

”放射能漏れ事故があった時には雨にあたるな”

どうやら、この言い伝えは正確なようだ。

福島原発からの放出だけでなく、

浜岡原発5号機が例の事故の脱塩作業中に

放射性物質を漏らしているとの報告があった。

放射性コバルト58が検出されたようだ。

御前崎ではダブルパンチである。

明日、明後日、台風2号によって大雨になるそうだ。

きっと、放射性物質が多量に地上におとされることは確かだろう。

怖い、怖い。

・・・・・・

読者の方から、浪江町で原発事故後

耳なしウサギが生まれた映像を紹介された。

http://www.youtube.com/watch?v=UqVY9azhH3U

原発事故による大量の放射能の放出が直接の原因か

ボクは判断しかねるが・・・・

人間への将来的な可能性はあるので紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=oX9oPFsNybE&feature=related

曲の紹介映像からだから、鶏と猫?の合成写真が入るのは残念だが・・・

http://www.youtube.com/watch?v=_LA_PnAQONo&NR=1&feature=fvwp

もう一つ

http://www.youtube.com/watch?v=I42g843fngw&feature=related

ちょっと希望がわく、感銘するチェルノブイリで甲状腺ガンの治療にあたった医師の紹介、

NHKのプロジェクトXからです。

http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk&feature=related

その菅谷医師が福島原発事故について話したこと

http://www.youtube.com/watch?v=c3zdDKzEGJM&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=XSYtxlzFyr0&feature=related

・・・・・・・・・

台風は御前崎を通過しそうだ。

雨が降らない前に(降ったらカッパで重装備で)

船の係留ロープを増やさなくては・・・

・・・・・・・

大阪府で君が代を強制的に歌わせる条例が問題になっている。

橋本知事率いる維新の会派が成立をめざしているようだ。

君が代、日の丸、天皇で思い出すのは次の体験だ。

・・・・・

ある自民党支持者の家に正月に行ったら、

テレビに映し出される昭和天皇に

いきなり、「この戦争犯罪人が!」とどなり、

番組を切り替えてしまった。

・・・・・

お酒が入っての行動だったが、

自民党支持でもいろいろな人がいるんだな、

商売もやり手、音楽演奏も好きな人だったが、

軍隊体験もあるご当主はよぽど嫌な体験、

苦渋に満ちた軍隊生活を強いられ、

青春を奪われたのだろうと推察した。

・・・・

一方、ネットでは

「国歌も校歌も歌わないようなルールを守らない教師はやめさせろ」

などと、ちょと単純な論調が目立つ。(苦笑)

それで思い出した。

わが小学校の校歌の一節は

「・・・民主の国の黎明に、自由と平和うちたてん・・・」

だったが、君が代は

「君(天皇)が世は千代に八千代に・・・さざれ石となって・・・」と

同時に歌うと、民主主義と封建主義が並んだ感じで、

小学生ながら、なんかおかしいな?と感じた。

ちなみに、我が家では、祖父が陸軍の騎兵隊(騎馬隊?)で、

父は海軍だったそうだ。

幸い、戦争が始まる前に除隊となったり、

戦争に行く前に、敗戦となったため、

死ななくてよかったようだ。

(だからボクが生まれた・・・笑)

祖父からは乗馬の仕方、父からは水泳を教えてもらったが、

我が家では、日の丸も天皇家の写真も、いっさい掲げなかった。

理由は話してくれなかったが、

金一家をあがめる北朝鮮のような国、

戦前の天皇をあがめ、その下で、自由も個人も束縛される国、

そんな国になるのはイヤだったのだろう。

父は高齢にもかかわらず、新聞をよく読む。

和歌が好きで、与謝野晶子の「君死にたもうことなかれ」を詠んで聞かせた

亡き母を思い出した。

・・・・・・・・・

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃
(やいば)
をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

(さかひ)
の街のあきびとの
舊家
(きうか)
をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
(けもの)
の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思
(おぼ)
されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守
(も)
り、
(やす)
しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾
(のれん)
のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻
(にひづま)
を、
君わするるや、思へるや、
十月
(とつき)
も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。


・・・・・・・・・

国策に従えという世論の強制の中で戦争に突き進んでいった戦前・・・

国策に従えと原発を作り続けた現在・・・

その進み行くさきがどうなるかは明らかであろう。

反対する声を大切に、それに同意するか否かは別にして、

反対者の考えを理解できる能力も、

将来をつくる賢い国民になるためには必要だと

ボクは思う。

そのためには、国策に反対する教師も必要だと思う。

教育とは賛成する意見、反対する意見、その両方を教えること、

さまざな意見や考えを紹介して、

複眼的にものを見れる力を養うことだと思う。

・・・・・・・

HPをご覧ください。http://www4.tokai.or.jp/omaezakikuruzar/

ブログランキング ボートブログ

ブログランキング 海釣りブログ

ブログランキング 御前崎情報ブログ

|

« 原発事故とお茶問題・・・・ | トップページ | 耳なしウサギについて・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535624/51786658

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降る時は、放射能が高くなる・・・・:

« 原発事故とお茶問題・・・・ | トップページ | 耳なしウサギについて・・・ »